2017.06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017.08

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【これは便利】スカイプとPS4の音声をミックスさせる方法!PSシェア実況にも使えます!

2014.03.22 Sat
今回はPS4とスカイプの同時聞き&実況配信も可能な繋ぎ方を紹介します。

これはいま僕が実践している方法で、この繋ぎ方だとPS4のゲーム音声とスカイプ音声がミックスされて聞こえ、さらには配線を一切変えずにシェア配信の実況も可能という非常に便利な接続方法です。(スカイプしながら実況配信も可能

以前、PS3とスカイプの音声ミックスする方法を何回か紹介しましたよね。PS3から出力させたアナログ音声と、パソコンのイヤホン端子から出力したものを分配ケーブルの二股側へ繋げてミックスさせる荒業(笑)を使っていました。

この分配ケーブルを使う方法は非常にコストパフォーマンスが高いのですが、その反面、音量調整が自由に出来ないというデメリットもあって、僕もしばらくその方法でやりくりしていましたが、昨年暮れに機材を一新し、とうとうサウンドミキサーを導入しちゃいました。これからご紹介する方法も、「サウンドミキサー」と書かれた部分は分配ケーブル(を逆側に繋ぐ方法)で代用出来るはずなので、よければ参考にしてみてください



全体像はこんな感じ



ps4skypedouji.jpg


見てくださいこのおびただしい配線の数々!

これでも結束バンドで束ねたんですよ、ありとあらゆるところを!(泣)

とはいえ確かにちょっと多過ぎですね

この写真だけではさっぱり分からないと思いますので、この後詳しく解説していきます。




キーワードは「マイクの分配」と「音声のミックス」


ps4skypedouzi.jpg


マイク音声ゲーム音声スカイプ音声を色分けし、矢印マークを使って信号の流れを表してみました。先ほどの写真と比べると、幾分見やすくなったかと思います。

ものすごく簡単に言ってしまうと、図の中に書かれたAの部分自分のマイク信号を分配することと、BのスカイプとPS4の音声をミックスさせること、この二つさえ出来ればOK。

※ちなみに・・・配信しないから配信時の実況音声は無くても構わないよ!って方は、マイク音声を分配せずにそのままPC側へ繋いでしまって構いません。





もういちど写真を確認してみよう


ps4skypedoujigiki.jpg

スカイプ&実況用マイク
マイクアンプ ←なくてもOK
オーディオ分配ケーブル
4極プラグ⇔マイク、イヤホン分岐ケーブル
PC用USBオーディオインターフェイス
サウンドミキサー ←分配ケーブルの逆つなぎでも代用可能かと(要検証)
ヘッドホンアンプ ←なくてもOK
⑧スカイプ用パソコン
ヘッドホン

③と④は似ていますが全く別物なので注意。
③は、同じ音声を二方向へ分ける通常のオーディオ分配ケーブルですが、④のケーブルはマイク、イヤホン端子を別々に分けるケーブルになっています。


ここから先は蛇足

②を導入している理由はマイクの音量がやや小さく、増幅しないとスカイプで会話する相手が聞き取りづらいとの事で導入しました。マイクの種類やパソコンによっては必要ないものです。

⑦のヘッドホン手前でヘッドホンアンプを中継してますが、このアンプでゲーム音量とスカイプの音がミックスされた音、つまり全体音量を調節しています。
本来であれば⑥のサウンドミキサーで調節すべきなのですが、どうやら自分の持っているミキサーで調節しようとすると、音量つまみの最小音量付近がベスト音量なのですがここまでつまみを下げてしまうと左右バランスが崩れてしまい、片側だけしか鳴らない状態になってしまいます。なので、ミキサーでは各音量のバランスをいじる程度で全体音量はヘッドホンアンプでしています。
分かりづらくてごめんなさい。

サウンドミキサーで調節しようとする

音量つまみをイジりながら調節すると、位置的にはほぼ最小側らへんがベスト

最小側へ近くなると左右のバランスが崩れて片方しか聞こえない現象発生

ミキサーからは爆音のまま出力し、ヘッドホンアンプで音量下げてヘッドホンへ流す


こんな感じです



終わりに


いかがでしたか?

配線が多少ごちゃごちゃして見えてしまうのは、以前から持っていたケーブルや変換プラグ等を無理やり繋ぎ合わせて配線していることや、他の方の環境によっては使用しないマイクアンプやヘッドホンアンプ等を使用しているからでしょうかね。本来であればこれらを省略した形で掲載した方がわかりやすい記事になったかもしれませんが、今回はあえて今じぶんが配線している状態のままで掲載させていただきました。
この接続方法は完全に我流なので、もしかするともっとスマートに繋げられる方法があるかもしれませんが、配線の多さにもだいぶ慣れてきたこともあり、しばらくの間はこの繋ぎ方で遊んで行こうと思ってます!(笑)

なるべく分かりやすく解説したつもりではありますが、もし「ここが分からない!」という方は、下のコメント欄もしくは私のツイッターまでお気軽に絡んでもらえたら助かります!



PS4ライフ、これからももっと楽しんでいきましょうね~



スポンサーサイト


TRITTON Kunai Universal Stereo Headset 購入レポ

2014.03.22 Sat
DSC_00190.jpg


PS4と一緒に購入したヘッドセット、TRITTON Kunai Universal Stereo Headsetってやつをレビューさせていただきます
お値段7000円くらい。PSシェア配信の実況用に一個あったら便利かな?と思い買ってみました。



ちなみにどんなヘッドセットなの?


なんと言ってもかの有名なプロゲーマー『ウメハラ』氏が所属するMadCatz製ですからね!
69cd9935.jpg
Daigo Umehara official site :: ウメハラ公式サイト

梅原 大吾(うめはら だいご、1981年5月19日 - )は、日本の青森県出身のプロ・ゲーマー。

日本での愛称はウメハラ、ウメ、ウメさん。
2D対戦型格闘ゲームにおいて数々の大会を制している、世界でも指折りの著名なゲーマー。とりわけカプコン社製の対戦型格闘ゲームで実績を多く残し、同社開発本部長(当時)の岡本吉起から「10年に一人の天才」と呼ばれた。

(Wikipediaより引用)


FPSと全く関係無いけどね・・・



それとレビュー記事を書く際のお約束!思ったこと、感じたことをなるべく正確に書くように心掛けておりますが、あくまで個人的な評価ですので、その点を踏まえた上でお読み下さい。





早速開封してみた 



※クリックで拡大します
DSC_0020_20140304080710b7f.jpg


やたらコード類がいっぱいありますが、これらはXbox360の環境にて使用するケーブルが大半なのでそこら辺にぶん投げておいてOK!!




ヘッドセット本体
DSC_0019_20140304081626688.jpg


DSC_0013_20140304081638d43.jpg


見てくださいこの艷っぽさ!!テッカテカやんこれはめっちゃカッコイイ!!でもこれ裏を返せば傷付きやすい材質なのかも・・・?

ヘッドセットに限ったことではありませんが、デザインが秀逸なアイテムって、単純に所有欲を満たしてくれますよねぇ!

ちなみにこの『TRITTON』というのはこのヘッドセットのブランド名なのかな?よく分かんないけどカッコイイ名前・・・(๑´ڡ`๑)




スピーカー部分
DSC_0014.jpg


普段使用しているHD595との比較
DSC_0002.jpg

耳を覆う部分がかなり小さめ。装着感がだいぶ違います(後ほど詳しく解説します)



左耳側の下部にマイクを差し込みます。
DSC_0015.jpg




※プレイ中のイメージ画像
DSC_0018_20140304091748cae.jpg
『後ろから足音が聞こえるぅぅぅ!』的な。




PS4への接続方法



説明図が同封されているのでこれを見れば簡単。どうやら2種類あるようです
DSC_0002-2_20140304093613f8f.jpg

①の場合、USBコネクタをPS4へ、イヤホンプラグをテレビのイヤホンジャックへ挿し込みます。手元のリモコンでボイスチャット音量とゲーム音量が個別に調節可能。

USBコネクタとステレオミニプラグが付いているということで、ピンと来た方もいるかもしれませんが、本来PS4へ挿すUSBコネクタをPCへ挿し変えることで、SkypeとPS4のゲーム音をミックスさせて聞くことが出来ます!(検証済み)


②の接続方法の場合、PS4の本体側でボリューム調節する形になります。

どちらの方法で接続しても構いませんが、自分の場合はお手軽な②の方法で繋いでますね。

音質について



音の傾向としては低音が強く、やや締まりの無い音。
加えて中域と高域は若干控えめに鳴っている印象に感じられます。

早速BF4にて使ってみたのですが、足音などある程度は把握出来るんですが、いかんせん低音が強いので近くの場所でグレネードが爆発したりすると思わず「ビクッ!!!」ってなるほどデカく、その爆音のせいで足音がかき消されてしまうことも。



装着感について



装着感はあまり良くありません。というか、もしかしたらかなり悪い方なのかも

このヘッドセット、側圧?って言うのかな?頭を挟む力がかなり強く、さらにはユニット部分(耳あて部分)が小さい為に耳全体が押しつぶされる形になります。

それだけでも圧迫感半端ないんですが、自分の場合ゲームをする時に必ずメガネを掛けるので、その際耳に掛かるメガネのフレームと耳とが圧迫されて次第に耳の軟骨が痛くなってきてしまいます。
ゲームなんて2,3時間ぶっ通しでプレイすることも日常茶飯事ですが、このヘッドセットだと1時間ほど装着しているとだいぶ疲れます。どうにかならんものかねぇ・・・



おわりに


正直言うとこのヘッドセットはあまりオススメ出来ませんね・・・

コントローラーにコード1本挿すだけでマイクもヘッドホンも使えるというのは思いのほか便利でしたけど、それ以外ではあらゆる点でHD595(現在使用しているヘッドホン)に軍配が上がります。値段的な違いもあるけどやっぱりHD595は偉大過ぎた・・・


冒頭にも書きましたが、このヘッドセットを購入した目的はPSシェア実況で使える為という事だったのですが、この記事を数日かけてダラダラ書いている間に4極分岐ケーブルという超便利なものを見つけちゃって、これさえ買ってくればわざわざPS4用のヘッドセットは必要無かったらしく結構ガックリきておりますw

もちろん記事にしたので良かったら参考にしてみてくださいね

リンクはコチラから↓↓
【これは便利】スカイプとPS4の音声をミックスさせる方法!PSシェア実況にも使えます!













PS4のコントローラーを握ってみて実際どうなのよ??

2014.02.28 Fri
こんにちは、とぐろです




PS4ライフ、ちゃんと楽しんでますか






僕も購入してからとにかくBF4プレイしまくりです







・・・と、言いたいところですが、なかなか遊ぶ時間が無くてPS4へ移行してから一番遊んでいるはずのBF4も、今ほどバトルログで確認してみたところまだ4時間くらいしか戦場へ出てないようでして



一応他にもFF14のベータ版やKNACKなどをプレイしてみたりしましたが、ぶっちゃけパズドラにも夢中でやや忙しい日々が続きましてあまり遊べてない気がします・・・



とは言いつつも一応PS4を購入したわけですし、PS4について自分なりに気になった点を記事にしていこうと思います




コントローラーについて


Controller_01_m.jpg



PS4のコントローラー、巷ではかなり絶賛されているようで、中には『ゲーム機史上最高のコントローラーだ!!』と言う人もいるようで。

確かに全体的なホールド感も高く、L2R2ボタンの反り返った形で押しやすい、そういった意味では僕自身も概ね賛同です





ですが、少なからず気になる点を挙げるとするならば、個人的にはアナログスティックの感覚がPS3と全く異なるせいか、非常に使いづらいのです
PS4_controller_20140228072009af2.jpg

両方握ってみたけどアナログスティックに関してはやっぱり以前の形の方が安定するんだよなぁー






それに追い打ちをかけるように、PS4のアナログスティックは倒した時の戻る力がすごく強い




だってこれ、戻る力強すぎてスティック左右交互に倒すとグワァんグワァんするじゃないですか!!

中心辺りを通過するとき凄いグワァんグワァんするじゃないですか!!

(全然うまい説明出来なくてすみませんw)


これだけ戻る力が強いと親指に余計な力がかかってしまうので、エイムの微調整が少々難しくなってきます・・・



結局慣れるしかないのか?


でも、これってもしかして今まで使っていた自分のPS3コントローラーが、長期に渡る激しい使い込みによってスティックの内部バネが柔らかくなったことで、普段使っていたPS3コンのスティックよりもかなり固いと感じる大きな要因なのかもしれません。(もちろんPS3よりもPS4の方が固いバネを使っているという可能性もありますが


とはいえ、実際に柔らかくなるまで何百時間かかるかわかりませんし、いっその事この硬さに慣れてしまった方が手っ取り早いのかもしれません。暇な時にスティックグリグリやってれば心なしか柔らかくなるの早まるかなぁ?






おわりに


というわけで、今回はアナログスティックに対してあれこれケチつけたいだけの記事でしたが少し気になったので書いてみました。

さすがに今の段階で「PS4のスティックはクソだ!」と結論付けるのはまだまだ早いと思いますし、コントローラー全体が格段に進化しているのは言うまでもありませんが、個人的には今のところスティックが使いづらくてしょうがないという状態なので、またこれからじっくりといたぶって使い込んで行きたいと思いまーす


PS4時代到来!!

2014.02.25 Tue
DSC_0019.jpg

じゃじゃ~ん!!(๑´ڡ`๑)




PS4買っちゃいました~




そして色々と余計なものまで買っちゃいました~








昨年10月に予約したPS4ですが、2月に入ってから色々とトラブルが有りまして予約分が結局買えなくなってしまった時はさすがに私も焦りました






↑いちいちツイートをブログの方へ引っ張ってきてすみませんwツイートを要約すると、『不運が重なった』この一言に尽きます




今回購入したPS4、充電チャージャー、そしてヘッドセット、使い始めたばかりではありますが、実際に使ってみての感想や気が付いた点を近いうちに書いていこうと思います














そうそう、そいえば来月ソニーストア限定で、MGSV GZを同梱したPS4『FOXエディション』が発売されますね
URL:http://store.sony.jp/Special/Game/Ps4/Metal-gear-solid-v/

konami_mgsv_gz_ps4_140217_2.jpg

うっひょ~!!超カックイイイイぃぃっ!!!



とは言いつつも、もうPS4買っちゃったわけだしさすがにもう一台買うわけにはいかない・・・






でもFOXエディションメチャカッコイイいい・・・













悩んだ結果・・・





















悩んだ結果!






















悩んだ結果ァァァ!!!!






















じゃじゃ~ん
DSC_0021.jpg





自作ステッカーを製作して貼っちゃいました~我が家のPS4はFOXHOUNDなのだ(・ω<)てへぺろ☆







どうですかこれ?似合ってますかねぇ??個人的にはメチャクチャ満足なんですけども









ちなみに一回目作ろうとしたステッカーは、PS4本体のテカテカ部分?をはみ出さない程度になるべく大きめに貼ろう!と意気込んで作ったら案の定サイズオーバーを作ってしまってて慌てて作り直しました(↓ワンちゃんが咥えているナイフの先端がはみ出してしまいます
DSC_0003.jpg






『まぁでも本家のFOXエディションも上下はみ出してるしさ~、しかもなんか斜めになってるじゃぁん~』と自分を必死に正当化しようと思ったものの・・・やっぱり計算されたデザインのはみ出しと、自分で製作したステッカーの予想外のはみ出しって全く次元が違うのかも・・・と冷静さを取り戻し、もっかい作り直してみました






そんでもって本当はこんなのも貼ろうとしておりましたが、この細い字をカッターで正確にくり抜いて貼る・・・これって俺みたいな不器用素人じゃ無理じゃね??っていうかこれ全部切り抜くとか超面倒臭くね??って事でお蔵入りになってしまいました
DSC_0004_2014022511282654e.jpg




さすがに本家のFOXエディションと比べてしまうとだいぶ見劣りしてしまうかもしれませんが、それでも今回ステッカー製作が初体験にもかかわらずこんなにクオリティー高いステッカーが簡単に作れるとはいい時代になったものですなぁ~、と感心してしまいました
DSC_0022_20140225123254ca5.jpg
ウンウン、カッコイイよワンちゃん(๑´ڡ`๑)☆





※今回の作業工程を簡単に説明すると、


↓今回使用したもの
エーワン(A-one) 手作りステッカー キレイにはがせるタイプ A4





1.販売元が提供しているステッカー製作の無料ソフトをPCからダウンロードして、そのソフトを使って画像用意して印刷。

2.カッターとカッティングボードを用意して、印刷されたステッカーを切り抜く(カッティングボードは100円ショップでも調達可能)

3.PS4本体に貼る








今回は下地が白色のステッカーで製作してみましたが、文字系のステッカーは半透明のシートで作っても見栄えが良さそうですよね!



自作ステッカーは工夫次第で色々作れそうで、まだ空いているスペースがあるのでもっと何か貼っちゃおうかな??と考え中・・・





何か良さげなエンブレム等ありましたらぜひぜひ教えてください!

【フライングゲット】FPSパッド3 ストライクギア購入レビュー

2013.11.03 Sun
皆様お久しぶりです(^_^)v


なんだかんだで一年くらい更新が滞ってしまいました。




今回の記事は、11月7日に発売される【FPSコントローラ】FPSパッド3 ストライクギアをフライングゲットできたので、レビュー記事を作ってみました。このレビューはあくまで一個人の意見に過ぎませんので、参考程度に見てもらえたらと思います。


フライングゲットしたFPSコントローラーはもちろん正規ルートで手に入れました。
秋葉原駅前に超大型店舗を構える某家電量販店のネットショップで今から一週間くらい前に予約を済ませたというそれだけの事です。。なので恐らく僕以外にもそのサイトで予約した方は届いてる方もいるはず。こんな大手店でもフライング発送&到着なんてあるんですね!


ハイハイ!御託はココらへんにして!!





こちらが到着した商品↓↓(写真クリックで拡大するかも!)


DSC_0004.jpg


何だこの箱wwかっけぇwwかっこ良すぎるwwwwブルーに光ってるように見えるwうっはww



とかとりあえず外見を褒めてみたものの、正直言うとHORI製の周辺機器にはあんまり期待してないっていう・・・



あ、何でも無いッス!何も言ってないッス!



さーて、じゃあ早速開封しちゃいまーす!ぱんぱかぱーん

DSC_0022.jpg



なんとなく純正PS3コントローラーよりも近未来的というか、スタイリッシュな感じにも見えますね。




すこーし寄ってみた
DSC_0013.jpg





LRボタンが何かおかしい
DSC_0016.jpg


『FRボタン』と『FLボタン』がRLボタンの上部にあり、ここに任意のボタンを記憶することが可能との事



こんな感じ

DSC_0017.jpg
LRボタンにはキーコンフィグ(ボタン割り当て)機能も搭載されていて、例えば本来◯ボタンの操作をR2ボタン等へ割り当てたりすることも可能



左手部分のこれは・・・

DSC_0018.jpg

アナログスティックの感度を調節出来るダイヤルとの事
例えば『10』に設定した場合、スティックを少し倒しただけでカメラが超速で回るってこと)




裏にも何かある・・・あるぞ!

DSC_0020.jpg

ターゲットボタン、押している間スティックの感度が半分になり微調節がやりやすくなる→遠距離の敵に絶大な効果!?



スティックの形状&高さはこんな感じ

DSC_0024_201311031248169f4.jpg  

FPSコントローラーのスティックの高さがちょっと低いのがお分かり頂けるかと。

これ実際に持つと、純正よりもスティックがかなり低い位置に感じます。











はい、撮影会終了~おつかれ~。







以下、取り敢えず実践で使ってみた感想↓↓




テストしたPS3ソフトコールオブデューティーブラックオプス



まぁ本音を言っちゃうと、純正コントローラー使ったほうが100倍無双出来るわ!!

と思いました。





取り敢えず思い付いた理由をいくつか挙げていきます。



・そもそも慣れるまで時間かかる

それを言っちゃあ終しめぇよ、と言われてしまうかもしれませんが、やっぱり慣れって超必要。左スティックと十字キーの位置が逆だとやっぱり僕は操作しづらいです(泣
以前、『XBOXのコントローラーでMGOをしてみたら世界が変わるのか!?』という企画をやりましたが、なんだかこれと似たような感想です。



・十字キー押しづら過ぎィィィ

十字キーのコストをかなり安く抑えたらしく、押しづら過ぎてかなりの確率で誤操作を引き起こします。横を押したつもりが上を押してた!なんて日常茶飯事レベル。なんで十字キーのコストケチったんや・・・



・『FR』『FL』ボタンの位置が中途半端

FPSでは敵と出合い頭で遭遇したりして咄嗟のボタン操作が必要な時って結構あると思うんですが、そういった場面で頻繁に起きたのが、画面を見ながら押しているボタンがR1ボタンなのかFRボタンなのかよく分からなくなってくる現象。
これはコントローラーを自然に持つと、人差し指の位置がR1ボタンとFRボタンの真ん中辺りに来る事が原因です。そもそもFPSコンを謳っておきながら射撃ボタンが押しづらいってどういうこっちゃね・・・orz。んまぁ恐らくですが、キーコンフィグ機能を使ってXBOXのようにL2ボタン銃構え&R2ボタン射撃にしろってことなんでしょう。しかしそうなると中指で撃つってこと?無理ゲー過ぎだろ・・・これも結局『慣れ』によってある程度解決するのかもしれませんが、それでもやりづらいと言ったらありゃしない。



・ターゲットボタンが思いのほか無能

遠距離の微調整がやりやすいという事で搭載されたターゲットボタン。
このコントローラーの一番重要なボタンと言っても過言ではないこのターゲットボタンですが、なぜこんな申し訳程度な小ささで、それもすっげぇ押しづらい場所にあるのかワケワカメ。
だってさだってさ、ちょうど小豆一粒というか、せいぜいとうもろこし一粒くらいの大きさですよ?
押すにはあまりにも小さすぎませんかw

ちょっと世代を感じてしまう例えかもしれませんが、ニンテンドー64のコントローラーに搭載されていた左手人差し指の『Zボタン』並に存在感を出しても良かったんじゃあないか?
少なくとも僕の手ではこのターゲットボタンが自然に触れるような位置では無いですし、そのせいかターゲットボタンを押そうとすると手に不自然に力がかかりエイム操作どころの話じゃあーりません。

(さらに言うと、このターゲットボタンを押すと逆にエイム操作が遅すぎると感じたので速度調整を色々と試してみたのですが、なかなか思うように調節出来ず・・・押した時の感度が通常の『半分』と決まっているとそれはそれでやりづらい気がして、押した時のエイムの速さも自由な調節ができたら尚良かったかも)



おわりに


本当に愚痴ばっかりのようなレビューになってしまいました。このコントローラーの目指す方向性といいますか、ベクトルみたいなものは全然間違って無いんですけどね、色々と惜しい感じがします。本当に惜しい。 個人的にはこのコントローラーを買う前までBF4をこれを使ってプレイするつもりでしたが、残念ながらこのコントローラーを使うことによってキルレや操作性が向上するとは到底思えません。期待外れな一品でした。




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。